月収が12万しかないので、お金稼いでみた

月収が12万しかないので、お金稼いでみた

超初心者のアフィリエイト実践記

私がサイドバーに広告を貼ることをやめるワケ

f:id:sibalove:20171013112927j:plain

 

こんにちは、しばらぶです!

はじめましての方ははじめまして。

 

アフィリエイトを始めてから3ヶ月が経過していますが、一向に売り上げがありません。

とりあえず、半年は様子見かなとは思っているのですが、早く結果が欲しくなってしまうのが人間というもの。

 

ちなみに筆者は、早く結果が出ないかなと毎日わくわくしております

 

わくわくはしているのですが、同時に自分の中に焦りのようなものもあるんですよね。

 

もっと広告を貼らなきゃ売り上げにつながらない!

 

最近そう思って、ブログのサイドバーに広告を貼ろうと考えていました。

 

ちなみにサイドバーというのはブログの端のスペースのことです。

私の場合は画像の赤枠の辺りのことになります。↓

 

f:id:sibalove:20171013110748p:plain

 

しかし、結果としては私はサイドバーに広告を貼ることをやめました

今回はその理由をまとめておこうと思います。

 

 

サイドバーの広告はクリックされない

「サイドバー 広告」で検索したところ、次のようなサイト様が見つかりました。

 

kapityafiri.com

ytrsdijun.com

 

どうやら、サイドバーにある広告ってあまりクリックされないようなのです。

 

確かによく考えてみると、筆者自身、ブログを読んでいてもサイドバーの広告は完全にスルーしています。

むしろサイドバーにあるようないかにもな広告は押さないようにしています

 

広告を押すとリンク先に飛ばされてしまうので、よほど興味のある広告以外はクリックしたくないです。

 

 

上記サイト様にもありましたが、ブログを読む目的はあくまでも記事の内容のためであって、何かに登録したり、買ったりすることではいないのです。

 

不用意に広告を押してしまって関係のないサイトに飛ばされでもしたら、知りたい情報を知ることができません。

もちろん戻るボタンを押したりすれば済む話ですが、広告に飛ばされると水を差された気分になりませんか?

 

例えば筆者の場合、YouTubeの動画を見ているときに広告が流れ出すと、「いいところなのに~」ともどかしい気持ちになります。

テレビのCMとかの方がわかりやすいですかね。

f:id:sibalove:20170921225728j:plain

「はよCMおわれ―」

 

好きなことをしているのに、広告を強制的に見せられることって不快だと思いませんか?

そういったブログの読みやすさの面からも、広告はできるだけ少ない方が良いのです。

 

サイドバー広告の活用方法

もちろん、サイドバーに広告を貼ってはいけないなんてことはありません

サイドバーに広告のないブログ、あるブログ、どちらもそれぞれメリットはあります。

 

いろいろなブログを見て思ったことをまとめておくと、

 

  • 記事に一貫性のあるブログにはサイドバーの広告は有効
  • マルチな内容のブログだと、サイドバーには広告がないことの方が多い

ということです

 

サイドバーを有効に活用している方もいらっしゃいますが、活用するには記事の内容にある程度一貫性が必要です。

 

ちなみにブログのデザインに迷った時は大体他のブロガーの方のデザインを参考にさせていただいております。

個人的に勝手にお手本にさせていただいているブログをざっと以下に貼っておきます。

 

www.hitode-festival.com

www.already-match.com

design.syofuso.com

 

ちなみにこのブログは一貫性のあるブログを目指していましたが、カテゴリーを見てもらえば一目瞭然、当初の一貫性はどこかへ行きました(笑)

 

現在のカテゴリーは「アフィリエイト」「メルカリ」「ハンドメイド」「ブログデザイン」の4つです。

 

お金を稼ぐ方法としては「アフィリエイト」「メルカリ」「ハンドメイド」は共通していますが、ジャンルが多少散らかっていますよね。

 

ですので、仮にアフィリエイトの広告をサイドバーに貼ったとしても、記事によっては「アフィリエイト関係ないじゃん」ということになってしまいます。

 

というわけで、このブログではサイドバーの広告は貼らないことにしました。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

サイドバーのアフィリエイト広告は確かに目立つので、有効に使うことができれば効果を発揮してくれますが、ブログによっては読者の読みやすさを半減させてしまうこともあります。

 

早く売り上げが欲しくて焦る気持ちはどうしてもありますが、そこをぐっとこらえて、まずは読みやすく、内容の充実したブログを育てることが大切かなと思います。

 

それでは今日はこのあたりで!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

f:id:sibalove:20171013193546p:plain