月収が12万しかないので、お金稼いでみた

月収が12万しかないので、お金稼いでみた

超初心者のアフィリエイト実践記

もう迷わない!タイトルでアクセス数がアップする5つのポイント

f:id:sibalove:20171016023917j:plain

 

こんにちは!しばらぶです。

初めましての方ははじめまして。

 

みなさん、ブログのタイトル付けに毎回悩んでいませんか?

 

ちなみにわたしは毎回のごとく悩んでいます

 

 

皆さんもご存じのように、いろんなところで「ブログはタイトルが命」といったようなことが書かれていますよね。

 

前回の「アクセス数を増やそう」という回でもタイトルの重要性には触れました。

 

sibalove.hatenablog.com

 

ブログを読むときは、まずタイトルを見て読むか読まないかを判断するので、そりゃまぁこの上ないほど大事なものですよ。

 

しかし、

「どんなタイトルにすれば、PVが増えるんだろう」

と、毎回のようにああでもない、こうでもないと悩んで、結局疲れて「これでいいや」と妥協してしまうんですよね。

 

その結果、「タイトルが良くない」と知人からダメ出しを食らうこともしばしば(苦笑)

 

というわけで、今回はどういうタイトルをつければいいのか、ポイントをまとめていきたいと思います!

 

 

「ブログ タイトル アクセス数」で検索上位に挙がってきたサイト様を読んでみました。

www.infact1.co.jp

www.notitle-weblog.com

tabibitojin.com


これらのなかで実践しやすい&重要だと思った点を挙げていきます。

 

数字を入れる

上記の3サイト様のタイトルがまさに良い例ですね(笑)

全てのタイトルに数字が入っています。

 

数字があると記事の信憑性が上がるとのこと。

 

例えば、

「アクセス数が上がるブログの書き方」

「アクセス数が20倍になるブログの書き方」

なら、後者の方が「おっ」とクリックしたくなりますよね。

 

もしくは、

ブログのアクセス数が上がる5つのポイント

のようにしても、5つのポイントにまとめられた記事だということがわかりやすくなります。「この5つを押さえれば、アクセス数が上がるんだ!」と、見た人に期待をしてもらえるでしょう。

 

検索キーワードを入れる

みなさんは、自分の記事の検索キーワードを考えたことはありますか?

例えば、この記事は「タイトル アクセス数」で検索されることを期待しています。

 

これらのキーワードをそのままタイトルに入れることで、検索されやすくしよう!というわけです。

 

キーワードがタイトルに書いていないと、読者としては求めている情報があるのか、ないのかの判断のしようがないですからね。

 

検索ワードは意識してタイトルに取り入れましょう

 

読者にとって有益な情報が入っていること

これも、読み手の視点に立てばわかることですね。

自分にとって良いことが書いてある記事には、興味がわきます。

逆に自分にとって良いことが無いのなら、その記事は読む必要がないと判断されてしまいます。

 

例えば、「ブログで100万円稼ぐ方法」より、「誰でもブログで100万円稼げる方法」の方が、有益な記事に見えますよね。

 

ただ、少し見方を変えて考えると、タイトルによくないことを書くことが有効な場合もあります。

自分がとんでもない失敗をしてしまったときなどは、「○○したら~~になってしまいました」みたいな感じで書くと、反面教師的な意味で興味を持ってもらえるかもしれません。

 

人の失敗って、みんな好きですからね。

 

例えば、「ブログでアフィリエイトをしたら50万円が一瞬で消えた話」とか、もし記事があったら私はちょっと気になります。(ほんとにあったら怖い)

 

文字数は32文字以内にする

前回の記事では27文字としていましたが、サイトによっては26文字だったり、32文字だったり、多少のばらつきがあるようです。

 

ちなみにこの文字数がどこからきているかというと、googleやyahooの検索一覧に表示されるタイトルの文字数なんですよね。

 

こちらの記事に詳しく書かれていました。

net-bz.xyz

 

タイトルが長すぎると途切れてしまうので、きちんと表示される文字数に収まるようにタイトルをつけましょうということです。

 

しかしこれまで約3ヶ月間ブログのタイトルに悩んできた身としては、27文字にしようとしたとしても、実際のところ27文字に収まるように決めようとするのは、結構難しいです。

 

きれいにまとまらなくて削った結果、情報が足りないなんてことにもなるので、私の場合は少し余裕のある32文字以内にしようと思います。(たった5文字の違いですが、結構大きいです。)

 

煽る(ただし煽りすぎは厳禁!)

危機感を煽ったり、読者を挑発するような文言はやはりアクセス数は上がるようです

 

しかし、記事の内容に対してあまりにも誇張したタイトルや、煽りすぎは信憑性を失うことにつながりかねません。

あくまでも、読者にとってそれが有益であることを前提として、それに煽りをプラスすることで効果のあるタイトルになるのではないでしょうか?

 

煽りというのは例えば、

「まだそんなタイトルのつけ方してるの?正しいブログタイトルのつけ方」

こんな感じの記事ってたまにありますよね。

 

読み手からすると、自分の常識を覆されるかもしれないという興味がそそられます。

ですが、やり過ぎてしまうと、ただ単に不快ですし、煽ったからにはちゃんとした内容のある記事でないと、読者は納得しないでしょう。

 

筆者としては、あまり読者様を見下すような書き方は個人的にしたくないので(読者様は神様)あまり煽るタイトルにはしたくないかなぁと思います。

 

なので、これについては良い煽り文句を思いついたときだけ、たまに使っていこうかなと思います。

 

最後に

いかがだったでしょうか?

タイトル付けのポイントを5つ挙げていきました。

  • 数字が入っているか
  • 検索キーワードが入っているか
  • 読者に有益な情報があるか
  • 32文字以内か
  • 煽り文句は入れられるか

 

今後はこれをタイトルをつけるときのチェックリストとして活用していく予定です。

自分の中でルールが決まればきっとタイトルもすんなり決められるようになると思うので、しばらく頑張ってみようと思います!

 

 

ただ、こんな記事を書いておいてなんですが筆者の性格で、たま~にアクセス数関係なく、これらのルールを一切無視してタイトルをつけたくなることがあります。

 

sibalove.hatenablog.com

 

例えばこれとかは完全に無視してしまった奴です。

「バズりたい」

なんでこういうタイトルの記事を書いたかというと、それは「完全に思いつき」です。

 

頭の中でパッとひらめくことがあるんですよね。

皆さんはそういう経験ありませんか?

筆者は、たまにあるそういう感覚って結構大切にしていて、一旦思いついてしまうと、記事を上げるまでうずうずしてしかたなくなります。

なので、たま~にこういう突拍子のないタイトルを上げることがあるかもしれませんが、そこは大目に見ていただけると幸いです(笑)

 

では今日はこの辺で!

この記事が皆さんのお役に立てることを祈っております。

 

また別の記事でお会いしましょう!

 

f:id:sibalove:20171013193546p:plain